XHTMLでのタグや属性の書き方

XHTMLにおける各種タグの書き方についての解説。

CSSレイアウト実践講座

CSSレイアウト実践講座について

運営者プロフィール

運営者ブログ*

お問い合わせ

XHTMLでのタグや属性の書き方

XHTMLでのタグやそれに含まれる属性の書き方には、ちょっとした特徴があります。

タグ名は全て小文字で

[サンプル(A)]

<DIV Class=hogehoge>テキストテキストテキストテキスト</DIV>

[サンプル(A)をXHTMLに適合させた場合]

<div class=hogehoge>テキストテキストテキストテキスト</div>

「hogehoge」というclass属性を持ったDIVタグのサンプルです。XHTMLでは、全てのタグ、属性名を「小文字」で書く必要がありますので、「DIV」は「div」に、「Class」は「class」と書くようにします。

属性値は"~"(ダブルクォーテーション)で囲む

[サンプル(B)]

<div class=hogehoge>テキストテキストテキストテキスト</div>

[サンプル(B)をXHTMLに適合させた場合]

<div class="hogehoge">テキストテキストテキストテキスト</div>

XHTMLでは、属性値を「"~"」(ダブルクォーテーション)で囲む必要があります。

上の例では、「=」に続けて記載していた「hogehoge」というclass属性値を「"~"」で囲みXHTMLに適合させています。

XHTMLでのタグの書き方 まとめ

上記のとおり、XHTMLでタグを書く際は、

  • 全てのタグ名、属性名を「小文字」で記載
  • 全ての属性値は「"~"」(ダブルクォーテーション)で囲む