XHTMLコーディングのまとめ

XHTMLによるマークアップの注意点のまとめ。

CSSレイアウト実践講座

CSSレイアウト実践講座について

運営者プロフィール

運営者ブログ*

お問い合わせ

XHTMLコーディングのまとめ

ブログサービスで提供されるテンプレートのほとんどがXHTMLで作られているのが一般的になっていることから、XHTMLの基本を抑えて正しい構文を書きましょう!ということで、いくつかXHTMLでコーディングする際のポイントを説明しました。

  • タグは全て小文字で書くこと
  • 属性値は全て「"~"」(ダブルクォーテーション)で囲むこと
  • 属性は省略せずに書くこと
  • imgタグのalt属性は省略しないこと
  • 終了タグを省略しないこと
  • 終了タグのないタグも「/」(スラッシュ)で閉じること
  • 装飾用HTMLタグは使わず、全てCSSで制御すること
  • XML宣言およびDOCTYPE宣言を記述すること

また、詳しく説明はしませんでしたが、次の点もXHTMLを組む際に気をつけたいことです。

  • 「<」「&」「>」といった文字は実体参照文字にすること
    (実体参照文字 ⇒「&lt;」「&amp;」「&gt;」)
  • name属性は使用せずid属性を使用すること
  • 「<br />」を連続して使用しないこと
    (段落間のスペースをとる場合はpタグのmarginを指定する)

これら代表的なポイントを守っていれば、特に問題なくXHTMLでサイトを作ることができますが、ブログのパーツ(サイドバーに掲載するコンテンツなど)を「ホームページビルダー」で作成し、それを貼り付けているという方は注意が必要です。

私はホームページビルダーを使ったことがないので分からない部分もあるのですが、ホームページビルダーで生成されるHTMLコードは、タグ名が大文字であっていたり、単独で使用するタグが「/」で閉じられていなかったり、XHTMLに対応していない点が多く見受けられます。

調べてみたところ、Ver.10からはXHTMLによるコーディングにも対応しているようですが、旧バージョンを利用している方は、生成されたコードが上記の注意点をクリアしているか確認してからXHTMLで書かれた文書に貼り付けるようにしてください。

また、より完璧なものを作りたいという方は、Another HTMLの文法チェックを利用して、ミスがないか確認してみてはいかがでしょうか。