属性の省略は不可

XHTMLでのマークアップでは、属性指定の省略はできない。

CSSレイアウト実践講座

CSSレイアウト実践講座について

運営者プロフィール

運営者ブログ*

お問い合わせ

属性の省略は不可

HTMLでは属性値を指定する際に省略して記載することが可能でしたが、XHTMLではそれができなくなっています。

属性の指定は省略せずに記述

[サンプル(A)]

<input type="radio" id="sample" name="sample" value="1" checked />

[サンプル(A)をXHTMLに適合させた場合]

<input type="radio" id="sample" name="sample" value="1" checked="checked" />

これはフォームのradioボタンで既定の値に指定する際のサンプルですが、これまで「checked」だけでよかったものが、XHTMLでは「checked="checked"」と属性を省略せずに書く必要があります。

imgタグのalt属性の省略は不可

imgタグに記述するalt属性についても、XHTMLでは省略することができません。

[サンプル(B)]

<img src="hogehoge.gif" width="100" height="100" />

[サンプル(B)をXHTMLに適合させた場合]

<img alt="ほげほげ" src="hogehoge.gif" width="100" height="100" />

通常は上記の通り、alt属性値としてその画像を説明する文言を入れますが、特に意味のない装飾用の画像などは「alt=""」として属性値を空にすることができます。