XHTMLとは

ブログテンプレートなどで一般的に使われている「XHTML」とは。

CSSレイアウト実践講座

CSSレイアウト実践講座について

運営者プロフィール

運営者ブログ*

お問い合わせ

XHTMLとは

通常、ホームページは「HTML」という言語を使って作られますが、最近では、各種ブログサービスをはじめとして、「XHTML」により作成されているものが多くなってきました。

XHTMLとは、HTMLが発展の過程で混乱してきたため、コンピュータ同士のデータ交換に使用される「XML」に合わせて定義しなおされたマークアップ言語のことで、W3Cという団体がその仕様を策定しています。

言葉で説明すると上記の通りなんだかややこしくなってしまい、「やっとHTMLを覚えたのに、今度はXHTMLを覚えなきゃいけないの!?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実際はいくつかの点に気をつけておけば、HTMLを覚えられた方にとっては特に問題になるようなことはありません。

XHTML基礎講座」では、細かいところは置いといて、「これに気をつけておけば正式な仕様に対応したXHTMLが書けます」という点に絞り、基本的なXHTMLの書き方について説明しています。

冒頭で触れたとおり、無料のブログサービスのテンプレートなどは、XHTMLで書かれることが標準的になっています。XHTMLを覚えて、正しい書き方でサイトを作成するようにしましょう。(覚える、と言っても、ホントちょっとしたことに気を配るだけですので、徐々に慣れていけば問題なし!です。)