CSSの記述方法 -METAタグの記述

HTMLの文法上、CSS利用時はMETAタグに言語指定の記述を。

CSSレイアウト実践講座

CSSレイアウト実践講座について

運営者プロフィール

運営者ブログ*

お問い合わせ

CSSの記述方法 -METAタグの記述

HTMLの文法を採点してくれるサイト「Another HTML」では、CSSを利用する場合、HTMLファイルのHEAD部に次のMETAタグを記述するよう解説されています。

[スタイルシートを使用する際のMETAタグ]

<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />

これは、スタイルシート(CSS)を利用する場合のベースとなるスタイル言語を指定するもので、記述がなくても指定は反映されますが、HTMLの文法上記載すべきとされているものですので、CSSを利用する際は記述するようにしましょう。

また、余談ですが、次のjavascriptの使用時に記述するMETAタグも記載しておいた方が無難です。

[Javascriptを使用する際のMETAタグ]

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />

「ウチのサイトではjavascriptなんて使ってない」と思われる方も多いと思いますが、ページのキーワードに合った広告を配信してくれるサービス「Google AdSence」はjavascriptにより出力されています。ホームページを利用して広告収入を得たいとお考えの方は、後々「Google AdSence」を設置した際に追記するのは大変手間がかかりますので、あらかじめ記述しておいた方がよいでしょう。